LOG IN

鍛錬千日之行 勝負一瞬之行

by 新木啓弘(しんきよしひろ)

今回は、私が高校生の時からの座右の銘を紹介します。
当時、徳島県立池田高等学校の先生かつ野球部の監督だった蔦文也氏が言っていた言葉です。

鍛錬千日之行 勝負一瞬之行

1回負けると終わってしまう高校野球。勝ち続けるためには、絶え間ない努力をしています。
にわかな努力では、結果は出せない。野球を通じて伝えたかったことの1つなのかと思います。

勝負どころは突然やってくる。その際に、充分なパフォーマンスを発揮することができるだろうか。
予告もなくマイクを向けられたときに、味のある返答ができるだろうか。

もしそれができたならば、またの機会が与えられ、自己実現にどんどん近づいていくだろう。
逃すなチャンスを。日々の努力により手に入れよう。


新木啓弘(しんきよしひろ)
OTHER SNAPS